新宿の英会話選びガイド » 新宿でおすすめの英語学校Best3 » 教育給付金制度を利用したい

教育給付金制度を利用したい

厚生労働大臣指定の「教育訓練給付制度適用」講座やコースを多く開設している新宿の英会話スクールを比較してみました。教育給付金制度の利用条件についても解説しています。

教育給付金制度が利用できる新宿英会話スクールを比較

下記で採りあげた英会話スクールの該当コースの受講費用のうち、最大10万円(総受講費用の20%)がハローワークより支給されます。

第1位 イーオン(新宿東口校)

【適用コース】

  • 「短期速習」英会話ビジネス応用A6・9
    少人数クラス(週2回4ヶ月)×2レベル
  • 英会話スキルアップ応用A3
    少人数クラス(週2回4ヶ月)×2レベル+実践クラス(週2回4ヶ月)
  • 海外出張や仕事で使える総合ビジネスマスター実践
    外国のビジネスマナーや習慣、海外業務など場面を想定した実践型のコース
    実践クラス(週2回12ヶ月)
  • TOEICテスト対策総合
    (週1回6ヶ月)+実践会話(週1回12ヶ月)

この他にも教育給付制度を活用できる多数のコースが用意されています。

第2位 ECC英語学院

【適用コース】

  • レギュラーレッスン(週1回/12ヵ月・40回)
    会話中心に英語の力をつける実践レッスンです。
  • マンツーマンレッスン(週1回/12ヵ月・40回)
    ECC専任講師とのマンツーマンレッスンで実力アップ。
  • ビジネスイングリッシュ(週1回/12ヵ月・40回)
    ビジネスシーンで対応できる英語力を学びます。
  • TOEIC®Testコース(週1回/12ヵ月・40回)
    スコアアップを目指して、スピード対応と正確なコミュニケーション能力を身につけます。

この他にも教育給付制度を活用できる多数のコースが用意されています。

第3位 ベルリッツ

【適用コース】

  • ビジネス英会話Ⅰ
  • ビジネス英会話Ⅱ
  • マンツーマンレッスン(週1回2レッスン/10ヵ月)
  • 少人数(2、3名)レッスン(週1回2レッスン/ 12ヵ月)

教育訓練給付制度を利用するメリット

教育訓練給付金制度とは、労働者がキャリアアップや再就職するために、生涯に渡って役立つ資格や技能を身につけるために国がバックアップする制度です。

この制度を使うためには、雇用保険加入者でなければなりません。厚生労働大臣が指定したコースを受講して、終了後に申請すれば、費用の一部がハローワークより支給されます。

新宿周辺の英会話スクールでも、この教育訓練給付金制度が利用できるコースを設けているところは多数あります。上手に利用すれば最大10万円が戻ってきますので、該当する方は使わない手はありませんね。

【教育訓練給付制度の利用条件】

  • 初めて利用する場合・・・雇用保険加入期間が満1年以上
  • 2回目以降に利用する場合・・・雇用保険加入期間が前回受講開始日より3年以上

これらの条件を満たせば、支払った教育訓練経費の20%に相当する額が支給されます。ただし支給額の上限は10万円まで。

教育訓練給付制度のデメリット

費用の負担が軽くなる嬉しい制度として注目されていますが、いくつか注意点やシバリがありますので、利用を検討している方は以下の点を留意しておきましょう。

  • フリータイム制のコースは対象外
    教育訓練給付制度は、1年間の受講時間が100時間以上のものが適用のコースとなっています。そのため、「毎週●曜日の夜●時」と、通う日時が予め決められている完全固定制のものがほとんど。毎週休まず通える自身がない方は、振替授業があるスクールを選びましょう。
    また、空き時間を利用したい方や、時間が不規則な方は、通いきれない可能性もあるので、講座のレベルや時間帯を慎重に選んだほうが良さそうです。
  • ほとんどが一定レベル以上のスキルアップコース
    教育訓練給付制度の適用コースのほとんどは、ビジネス向け英会話のコースや、TOEIC試験対策など、難易度の高いコースが設定されています。これは目的が明確な授業内容でないと、国から許可がおりないから。
    無理に自分の英語力以上のコースを申込みをするも、授業に全く付いていけず結果通わなくなったという方も少なくありません。
  • 講座を修了できなかった場合給付金はゼロ
    教育給付金を受け取るタイミングは、指定講座の終了後。途中で挫折して講座を修了できなかった場合、当然ですが払ったお金は1円も返ってきません。

スクールに通って英語を話せるようになるのが本来の目的です。英会話スクールやコースを選ぶ際は、無理なく通えるカリキュラムなのか、通い続けられる時間帯なのか等を加味した上で、教育給付金を上手く利用しましょう。

【免責事項】
このサイトは私が個人で収集した情報を記載しています。
英会話学校の最新の情報やキャンペーン情報については、
公式サイトにて確認をお願いします。